出来ることなら伸ばしたい子供の身長

小学生になったある日、私と子供が歩いていると、同じ地域に住んでいる幼稚園児が突然「なんで小学生なのに身長が小さいの?」と、聞いてきたのです。

きっと何の悪気もなく。

 

驚きました。

とっさに子供の表情を見ました。

息子は少し困ったような、悲しそうな顔をしながら、無言で通り過ぎようとしました。

 

もっと身長を伸ばしたい!」そう思ったと思います。

その時の子供の気持ちを想像すると、五年経った今でも、胸がしめつけられます。

きっと私には聞かれたくなかった言葉だったはずです。

私も何も言えず、その場は何も聞こえなかったような顔をして家に帰りました。

 

子供の身長を伸ばしたいと思うその一方で願うこと

帰宅後、私は息子に「身長が低い高いは、その人の価値に何の関係もない」「心が大きいことこそが、絶対に大切なのだから」と伝えました。

世界で活躍している方々の名前、姿を見せ、身長が何も関係ないことを示したのです。

 

「身長ではなく、心の広さ大きさ」の大切さを、その後も、会話の端々に取り入れていました。

もしかしたら、それだけ、私のほうが気にしてしまっていたのかも、と今は感じます。

 

その時食事や間食に摂り入れていたのは「ミキ食品のプロテイン」です。

しかし大豆の独特な風味が息子の味覚に合わず、なかなか飲んでくれませんでした。

風味が残らないようにお料理に工夫して入れたり、大好きなココアと混ぜて飴を作ったり、と少量ずつではありますが、現在も摂り入れています。

 

効果があるのかないのか、それは現在のところわかりませんが、母親の私に出来ることがこのようなことだけなので、「子供の身長、体作り」に繋がると信じて続けていくつもりです。

 

子供の身長を伸ばしたい!

 

もちろん、心からそう願います。

 

けれど、やはり母親の自分が、それが息子の「個性」だと認めてあげることが大切なのです。

身長が低いことで、必要以上に劣等感を抱いてしまわないように。これから出会う様々な物事、出会う人々に消極的になってしまわないように。

これからも「心の広さ、優しさが一番大切なことだ」と伝え続けたいと思います。

私が子供の身長を気にし始めたのは…

思い出してみると、母親である私が自分の子供の身長を気にし始めたのは、子供がまだ1歳半の検診で身長体重を測ったときだったと思います。

市の保健師さんから「(成長曲線)枠内のギリギリですね」と言われました。

 

とは言え、私は身長のことばかりを気にして子育てをしていた訳ではありません。

2450gで産まれた息子、産院で初めてつけられたあだ名は「おチビちゃん」でした。

 

そのあだ名の通り、ナースステーションに並んでいる新生児の中で、一番小さな赤ちゃん。

 

小さくて可愛くて、その当時の私は何も心配せず、無事に産まれたことだけに感謝していました。

ほとんどのお母さんがそうであるように、子供の友達作り、子供が楽しめる場所を見つけること「まずはそれが一番大事だ」と考えて、サークルや公園にできるだけ出掛け行きました。

 

「あ、あの子はうちの子と同じ位の背格好だな♪
お友達になれたら、これからお付き合いできるかな♪」

そんな期待を胸に、公園やサークル、近所のお散歩で声を掛けていました。

 

ところが、息子と似たような背格好の子供は、ほぼ全員、1学年下の子供さんばかりだったのです。息子は3月末生まれということもあり、同学年になる子とは明らかに大きさが違いました。

そしてそのまま3歳になったすぐに幼稚園に入園しました。制服はもちろん一番小さいサイズもブカブカな状態です。

登園し出して感じたことは、小さな子供でも「身長が高い低い」が「存在感の大きさ」に繋がっているのだということでした。

なんとなくリーダー的な子供さんは、しっかりした体格をしているように思ってしまうのです。

 

身長のことで息子が劣等感を感じないためにも、親の私が必要以上に気にしてはダメだとわかってはいても、お友達と遊んでいる姿を見ているとどうしても、心の片隅では常に身長のことを気にしてしまうものでした。

 

園でも恐らく「身長の低さ」のことを言われる機会もあったのだと思います。

そんなことは、親の私には決して何も言いませんでした。まだ幼稚園生とはいえ、立派にプライドがあるものなのだと、胸を痛めたものです。

中学生の身長を伸ばす栄養成分ってどんなもの?

中学生(子供)の骨の成長、つまり身長を伸ばすには、カルシウム・マグネシウム・ビタミンD・タンパク質・亜鉛といった栄養素がとても大切です。

これらの栄養素についての働きやどのような食べ物からとれるのかを知ってください。

 

 

中学生(子供)の身長を伸ばす栄養成分

「何を食べたら中学生(子供)の身長が伸びるのか?」

これはとても難しい問題です。

カルシウム・マグネシウム・ビタミンD・タンパク質・亜鉛ばかりを食べていても身長は伸びません。

これらの栄養素を見ても、結局いろいろな食べ物を食べて、いろいろな食品からまんべんなく栄養素をとりこんだほうがいいということです。

 

ある食べ物を食べすぎると、同時に身長によくない栄養素も食べることになります。

だからこそ、栄養素がかたよらないように、身長にいい栄養素を中心に、バランスのよい食事をしてください。

 

 

カルシウム

カルシウムは骨を強くするはたらきがあります。

カルシウムは、牛乳やヨーグルト、わかめやしらす干し、干しえび、小松菜、大根菜、チンゲン菜、大豆、豆腐、ごま、納豆などに含まれています。

 

 

マグネシウム

マグネシウムは、カルシウムと1:2の割合で働くミネラルです。

骨の強度を高めるはたらきやエネルギーの代謝にも役立ちます

そのためカルシウムと一緒に食べるといいでしょう。

かき、アーモンド、大豆、インゲン豆、カツオ、豆腐などなら、カルシウムにも同じ食べ物がありますので、食べる量をよく考えて食べてください。

 

 

ビタミンD

ビタミンDは、カルシウムの吸収を助けたり、骨を作るはたらきがあります。

紫外線に当たると皮膚でも作られますが、足りないときは、しいたけ、きくらげ、イワシの梅煮、カツオのたたき、さんま、ぶりなどを食べるといいでしょう。

 

 

タンパク質

タンパク質は、骨や筋肉の材料です。骨の芯にはコラーゲンというタンパク質でできています。

成長ホルモンの分泌をうながします。

豚肉、牛肉、鶏肉、マグロ、カツオ、ブリ、たまご、豆腐、牛乳などに含まれています。

お肉は脂肪も多いので食べ過ぎには注意してください。

 

 

亜鉛

亜鉛は、ホルモンの原料になるタンパク質や遺伝子を作る酵素にふくまれています。

代謝をスムーズにして、十分に食べることで骨の質もよくなります。

かき、納豆、ホタテ、豚レバー、豚もも肉などに豊富に含まれています。

女子中学生の成長期にしっかり身長を伸ばす法!

中学も3年を迎えたのに、身長がなかなか伸びない、という女子中学生の悩みを聞くお母さんやお父さんも多いと思います。

なかなか伸びない身長にコンプレックスを抱き、毎日学生生活を送っているのかもしれません。

そこでお子さんにできる身長が伸びるアドバイスや対処法をお伝えします!

 

女子中学生の時代は身長の伸び幅が減少

男子と違って女子の場合、中学生に入った12歳ごろがもっとも身長が伸びる時期です。

平均すれば4センチから5センチも伸びます。

しかし、その後、15歳にかけて伸び幅が少なくなっていきます。

そのため、できれば、12歳ごろに身長を伸ばすためにいろいろな対策をしなければなりません。

個人差はありますが、中学生の時期は女子にとって、心の成長とともに体の成長もとても大切な時期をむかえているものと考えておいてください。

 

成長ホルモンを意識した睡眠方法

身長を伸ばす、体を作る成長ホルモンは夜間、睡眠時に大量に分泌されています。

成長ホルモンが分泌されるのも、この時期が一生で最大の量となります。

そのためには、毎日やりたいことをやった後に、できるだけ早く就寝し、たっぷりと睡眠時間を取ることです。

早くベッドや布団に入っても、なかなか眠れないこともあり、結果的に睡眠不足になると、成長ホルモンの分泌量が減ってしまいます。

夜できなかったら、朝早く起きてしっかりと体を動かすよう、毎日の体調のリズムを整えるようにしましょう。

早寝早起きは、基本です。

肌荒れやニキビの多い中学生女子もしっかりと眠ることがとても大切です。

 

成長ホルモンが分泌されるとダイエットにもいいので、食事制限や無理な運動もしなくていいんです。

 

ダイエットは不要、バランスのよい食事が最も大切!

早寝早起きは、成長ホルモンにもいいだけではなく、朝食をしっかり食べる時間が取れることです。

中学生女子には、たくさんの量の食事ではなく、豊富な栄養素、いろいろな種類の栄養素をバランスよくとることが大切です。

朝礼で貧血を起こしやすい女子も多いのですが、タンパク質、カルシウム、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく、無理なくとるようにしてください。

見た目を気にして、やせようとする無理な食事制限はやめておいてください。

生理不順や婦人科系の疾患にもなりやすい不安定な時期です。ダイエットにより、必要な栄養分が足りない状態になります。

鳥のささ身やムネ肉、魚介類、野菜が主体の食事がおすすめです。

そして、足りない栄養分があれば、成長期の一時期にしぼって、子供用の総合サプリメントをとってもいいでしょう。

 

これを食べれば高校生からでも身長を伸ばすことができる!

高校生になっても身長が伸びないお子さんもたくさんいます。

遺伝が問題なの?と思うこともありますが、普段の習慣や努力により高校生からでも身長を伸ばすことができます。

普段食べる食べ物を少しだけ意識すると、今からでも十分に間に合うんです!

 

高校生でもまだ身長は伸びる!

身長を伸ばすには、骨の成長をうながすことです。

そのためには、成長ホルモンが必要です。

骨の成長をうながす成長ホルモンですが、質のよい睡眠をとり、適度な運動を行い、食事やサプリメントにより適切な栄養素をとることが大切です。

 

身長を伸ばすには、栄養のバランスを考えた食事を毎日きちんと三食食べることが重要です。

逆にいえば、食べる物にかたよりがあると、それだけで身長が伸びなくなってしまうこともあります。

特に身長を伸ばす食べ物の栄養素といえば、たんぱく質、アルギニン、カルシウム、マグネシウム、亜鉛といったものがあります。

 

身長が伸びる食べ物をバランスよく食べる

たんぱく質は、体を作る基本となる栄養素です。

骨や筋肉を作ります。

肉や魚、乳製品、大豆などが代表的です。

お肉はカロリーが高いので食べすぎに注意し、鶏のムネ肉を食べるなら、低カロリー高たんぱくです。

牛乳や大豆製品にはカルシウムが含まれ、骨の成長をうながします。

カルシウムをとるなら、マグネシウムも一緒に食べると、骨が強くなり、弾力性も増し、骨もより健康になります。

ほうれん草や魚などのおなじみの食材にたくさん含まれています。

 

亜鉛は成長ホルモンを活発に分泌させます。

かき、大豆、アーモンド、緑茶、豚のもも肉などに含まれます。

アルギニンは、成長ホルモンの分泌をうながす働きを持ち、身長を伸ばすには特に重要です。

鶏肉、乳製品、大豆、ゴマなどに含まれています。

 

サプリメントやその他の身長を伸ばすコツ

高校生でも身長が伸びます。

特に男子は高校生が最も身長の伸びる時期です。

 

 

身長を伸ばすには、栄養素の他にも、睡眠、運動、生活習慣などをよく考えた生活を送る必要があります。

高校生になっても、身長を伸ばすには、食べるものを少し意識しながら、足りない栄養素をサプリメントで補う方法もあります。

成長期の食事では不十分な栄養素に、アルギニンがあります。

アルギニンを毎日必要な量を食事でとろうと思うと、豚肉や納豆でも大量に食べる必要があり、カロリーも高いので逆に不健康になってしまいます。

だからこそ、ここぞというときにサプリメントをとったほうがいい、ということになります。

そして、身長を伸ばすためのサプリメントもちゃんと販売されています。

身長 伸ばす 高校生

 

中学生男子が身長を伸ばすために毎日できること!

女子よりも背が低い中学生男子もたくさんいます。

まだまだ成長の途中にある10代前半の中学生の時代は、身長が伸びなくても焦る必要はありません。

中学生から高校生にかけて一気に身長が伸びる人もいます。でも身長を伸ばすために知っておくべきこともいくつかあります!

 

身長を伸ばすために知っておきたいこと

小学生の頃は、友達との身長差もそれほどなかったのに、中学に入って急に友達のほうが身長が高くなって追い抜かれてしまった、なんていうこともよくあることです。

自分だけ身長が伸びなくて、いつの間にか朝礼のときも前から数えたほうがいいくらいの順番になっていたりします。

これまで身長が全く伸びていない中学生男子なら、一気に身長が伸びる時期が一度はやってきます!

そのためにも、身長を伸ばすためによいことを毎日実践しておきましょう。


身長が伸びる時期は急にやってきます。その時期に備えて、しっかりと準備しておきましょう!

 

身長が伸びる食べものとは?

中学生は成長期です。しっかりと食事をとりましょう。

といっても、サプリメントなどは不要です。

学校の給食やお弁当、朝食、夕食など、毎日3食きちんと食べることです。栄養の偏りに配慮したメニューを心がけてください。

お菓子やインスタント食品、ジュースなどの食べすぎ、飲みすぎはよくありません。

牛乳や小魚などのカルシウム成分もしっかりと食べ物でとり入れるようにしてください。

 

身長を伸ばすためによく眠る!

中学生の夜更かしはよくありません。夜間は早めに眠りにつきましょう。

そのためには、日中はよく遊び、よく勉強することです。

疲れていつの間にか寝てしまっていた、というぐらい毎日を楽しんでいると深い眠りにつくことができます。

睡眠と就寝時間と成長ホルモンが出るタイミングは重要です。

11時ごろには眠りにつき、朝は7時ごろに起きるような生活がベストです。

7時間~8時間のたっぷりとした睡眠時間が必要です。

 

運動嫌いの中学生男子もしっかり運動しよう!

全く運動しない中学生男子よりも、部活に入ってしっかり運動している中学生男子のほうが体格もがっしりしており、身長も伸びます。

部活に入っていない人は、学校や塾ばかり行って、身体を全く使わずに同じ姿勢ばかりだと、身長も伸びません。

部活に入っていない中学生は、昼休みや学校が終わった後、友達としっかりと身体を動かして遊びましょう。

しっかり身体を動かすと、その後、成長ホルモンが活発に分泌されます。

遊ぶ人がいなくても、一人でできるスポーツや運動もおすすめです。